柴田先生からのメッセージ

連盟員各位

柴田先生より連盟員の皆様にメッセージを

頂きましたので掲示いたします。

メッセージ

休館中で弓を引くことができないわけですが、

徒手八節は自宅でもできるかと思います。

徒手八節は大切です。弓を引くのに力はいら

ないと言われますが、とかく弓を持つと力が

入ってしまうものです。徒手ならば力は入れ

ずに行えます。

正しい動きを確認しながら行ってください。

また、肩甲骨の体操も良いと思います。テレ

ビ体操でも紹介されていましたが、肩甲骨を

前に出して両肘を付ける動きと胸を開いて肩

甲骨同士を付ける方向の動きを繰り返す体操

は、弓道の動作にも共通していると思います。

とのことでした。

先生は両手を上にあげてあくびをされた後に、

つい大三の動きをしてしまうことがあるそう

です。「やっぱり弓が好きなんだねぇ」と

おっしゃっていました。まだまだ行射でき

ない日々が続きそうですが、日常的な動作

の中に弓の修練につながるものを見つける

ことができるといいですね。 

  令和2年4月23日     文責本間

投稿を作成しました 241

コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る